blogs,  情報,  美容

「スタイリング剤っていっぱいあるけどどう違うの?」にお答えします

こんにちは^^

 

 

神戸市垂水区の美容室’ano ‘anoの安崎です♪

 

 

最後の仕上げをする時、お客様とスタイリングの話になる事も多いです。

特にスタイルチェンジをしたときは必ずしますね。

やはり新しいスタイルはお客様もスタイリングした事がない頭になっています。

何も伝えずにお帰りいただくのはプロとしては失格。。

しっかりレクチャーさせていただきます!

 

 

そんな時によく耳にするのが

 

「スタイリング剤ってどれを使ったいいかわからないんですよね。。」

 

これです。

 

 

そうなんですよ。

結構な割合の方が何を使っていいかわからずに悩んでいらっしゃるという事実。

これはいけません。

担当させていただいているお客様がスタイリング難民になるなんてことはあってはならない。

おうちでもビシッと決めていただきたいです。

 

 

本当に自分で何を買っていいかわからない方は、少し割高にはなりますが美容室で使ってもらったスタイリング剤を買ってみましょう。

正直それが一番サロンの仕上がりに近づきます

だいたいどこの美容室でも、使っているスタイリング剤くらいは販売していると思います。

もちろん’ano ‘anoでは使っているヘアケア剤からスタイリング剤まで、ほとんどがお買い求めいただけますので使ってみたい方は欲しいと一声かけて下さい^^

実際サロン商品はクオリティが高いので仕上がりの満足感は確実に良くなると思います。

 

 

では前置きが長くなりましたが・・・

 

 

当店で扱っているスタイリング剤の説明をしたいと思います。

 

 

スタイリング剤の種類と使用感

 

 

 

ワックス

 

 

 

 

‘ano ‘anoでは「トリエ」というシリーズのワックスを扱っています。

 

 

左から数字が大きくなっているんですが数字が大きいほどセット力が高いです。

セット力が高いということは髪の毛が動かなくなるという事。

カチカチになりますよーって話ですね。

でもスプレーやジェルほどのカチカチ感はワックスでは出ません。

あくまでやり直しが可能なレベルです。

 

他の商品でも結構同じように数字などでそのホールド力が分けられていることが多いと思います。

 

トリエだと

 

「6」が女の人でも使いやすい固さ。

パーマスタイルを仕上げるのに使いやすい。

ホールド力は弱めなので少し束感を出すくらいが欲しい人には丁度良いです。

ワックス特有のベタつきはややある。

ややしっとりした仕上がり。

キープ力は弱いのでパーマ無しで軟毛の方には不向き。

 

 

「8」が幅広く使える固さ。

男女問わず使えます。ただし女性だとショートスタイルできっちりスタイリングし、動きを出したい方に限ります。

ロングスタイルには正直合わないです。

男性のふんわり束感スタイルとかには適していますね。

パーマスタイルにも良いです。

ワックス特有のベタつきはあります。

ツヤ感とドライ感とのバランスが程よいくらい。

軟毛硬毛共に使いやすい。

 

 

「10」がっちりキメたい方にオススメ。

ほとんど男性向け。ベリーショートスタイルの女性は使ってもかっこいいかも知れません。

長い髪よりはベリーショートからショートスタイルに適していると思います。

使用感はかなり固めでガッチリキープ。

ワックス特有のベタつきはしっかりあります。

ツヤ感はほとんど無くドライな質感。

軟毛の方でも使いやすいです。

もちろん硬毛の方もしっかりスタイリング出来ます。

 

 

 

 

 

スプレー

 

 

 

こちらも「トリエシリーズ」

 

左の緑の方が柔らかい仕上がりです。

巻き髪スタイルを維持したい場合やカチカチにしたくない時はこのくらいが丁度いいです。

とはいえスプレーなのでそれなりに固まります。

 

コテを巻いてもすぐ取れちゃうんです。って方はこんな感じのスプレーをかる〜く振ってあげるのもいいと思います。

デメリットとしてはスプレーは髪が痛みやすいです。

ホールド力がある分キューティクルにダメージがあります。

使いすぎには注意しましょう。

 

右の紫の方はかなりガッチリキープしてくれます。

しっかりかけると走っても、飛んだり、ヘッドバンキングしたとしても動きません。

ワックスと違い一度ホールドしてしまうとやり直せないので決めたら最後です。

なのでこれで絶対に動かしたくない!っていう時にフィニッシュとしての使用をお勧めします。

そこまでパリパリにしなくていいや。っていう方は別にスプレーを使わなくても大丈夫。

 

ただ、どのスタイルング剤よりもエアリー感が出せるのもスプレー。

エアリー感を求めるスタイルにはやはりスプレーですね。

 

 

 

 

ジェル

 

 

 

ジェルにも硬さは様々あります。

‘ano ‘anoで取り扱っているのはハードジェルのみ。

「ルードブラック」というシリーズ。かなり洗い流しやすいタイプです。

 

市販の物もほとんどがハードジェルかと思います。

使用感はスプレー並みのカチカチです。

他のセット剤に比べて抜群のウェッティ感

特に濡れ髪につけると、そのまま濡れたような感じでセットできます。

逆に乾いている時につけると水分が無くなっていくたびに髪を動かしにくくなるので、セットの時はかなり時間との勝負になります。

 

くるくるパーマのエロい系男子かショートのビジネスマン風スタイルなど、濡れた感じの仕上がりが似合いそうなスタイルに適しています。

少し長いめのスタイルになるとパーマやくせがない場合、微妙な仕上がりになるかも知れません。

 

水分が乾いて飛ぶとカチカチになるのでガッチリキープしたい方にはオススメ。

固まったままくクシでといたりすると、かなりダメージの原因になるので要注意です。

ワックスよりも水で洗い流しやすいのも特徴。

薄毛の方は薄毛が目立ってしまうのであまりおすすめしません。

硬毛で直毛の方はツンツンの感じになりやすいのでツンツンしたくない方もオススメ出来ません。

ウニのように尖りたい方は使いまくりましょう。

質感は書いてあるように濡れ感、ツヤ感とカチカチです。

 

 

 

 

 

 

 

ムース

 

 

 

 

「セビアンセミニョン」というシリーズ。

トリートメント成分も配合されているムースです。

これはもうパーマ専用スタイリング剤と言っても過言ではないですね。

ウェーブスタイルの方に特化したスタイリング剤。

 

濡らした髪の毛にクシュクシュっとつけるだけ。

あとは自然乾燥でいきましょう。

 

ウェーブを綺麗に出すことができる素敵スタイリング剤。

※ウェーブがない方がこれをつけてもベタベタするだけなのであまりお勧めできません。

パーマのベース剤としても使用可能。

パーマはムース無しではちゃんとウェーブを出すのが難しいです。

ムースをつけて乾かして、その後ワックスをつける方もいらっしゃいます。

またはパサつき防止で最後にオイルをつける方もいますね。

 

ともかくパーマの方には必須アイテムと言っても良いでしょう。

使用感はムースによってもややバラつきはありますが、ややしっとりした仕上がり。

ベタつきも若干あります。

物によってはかなりベタつく物も。。

画像のムースはベタつきはまだ少ない方です。

 

パーマスタイルの方はもちろん、クセ毛でウェーブになっている方もムースが合っている場合もあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

リキッドワックス

 

 

 

 

ジェルと同じく「ルードブラックシリーズ」

ミストタイプのワックスです。

 

同じような物だとスプレーワックスなどもあります。

スプレーワックスはやや軽い仕上がりになるものが多いのに対して、このリキッドタイプはしっとりした仕上がりです。

ジェルとワックスとの間って感じですね。

混ぜて使う方もいるくらい、この質感を求めている方も多いです。

 

使用感はツヤ感が出て割としっかり目のホールド力。

男性でツヤ感が出てOKの方ならどの髪型でもオールマイティーに使えます。

 

スプレータイプが慣れないと使いにくいという難点があり、実際僕も髪に直接かけずに手に出してますw

ベタつきは有り。

 

 

 

 

 

 

 

グリース

 

 

 

 

「アリミノメン」

 

これはジェルとワックスとオイルを混ぜたような感じです。

オイリーなスタイルに仕上げたいときはこれ。

ツヤ感がしっかり出ます。

昔で言うポマードみたいな感じなんですかね?

(ポマード使ったことないけど)

 

ともかくテリっとした感じになります。

 

グリースにも固さは様々ですが、’ano ‘anoで取り扱っているタイプはガッチリホールドタイプです。

柔らかいタイプは本当にオイル寄りの仕上がりですね。

 

こちらの使用感はキープ力は強め。

ツヤ感がジェル並み。でもカチカチにはならずに触ると柔らかい感じ。

ベタつきは強い。

シャンプーでの落ちは正直悪いです。

 

 

 

 

 

 

 

ジェリー

 

 

 

 

 

こちらも「トリエシリーズ」

ジェルの柔らかいタイプです。

 

「3」の方はしっとりとした仕上がりで少し束感を出すのに適してます。

濡れ髪のような質感を求めている方には良いでしょう。

男性というより女性向けですね。

 

アイロンで仕上げた後に毛先につけてあげたりすると良い感じに仕上がります。

ふわふわサラサラが良い方にはオススメしません。

あくまでしっとりツヤ感が欲しい方向け。

ベタつきはやや有り。

 

 

「7」の方はややホールド力のあるタイプ。

同じくしっとりした仕上がり。でもジェルのようには固まりません。

巻き髪とかには不向きですね。

外ハネボブとかには良いかもしれません。

ウェーブスタイルにもOKです。

ウェッティな仕上がりを求めている方にオススメ。

ベタつきはあります。

 

 

 

 

 

まだまだ世の中にはたくさんのスタイリング剤がありますが’ano ‘anoで取り扱っているのはこれらです。

あとは流さないトリートメントなどもスタイリング剤代わりに使ったりします。

大体このくらいの種類のスタイリング剤を理解しておけば、ほとんどのスタイルが作れます。

実際’ano ‘anoでスタイリングに困ったことはありません。

当然ですがw

 

 

自分にあったスタイリング剤を見つけて日頃のスタイリングも楽しめるようにしましょう!

使う物が変わるだけで随分やりやすくなります。

 

冒頭にも述べたように、それでも何を使ったら良いかわからなかった場合は行きつけの美容室で購入することをお勧めします。

きっと担当の美容師さんがあなたにぴったりのスタイリング剤をオススメしてくれるはずです^^

 

 

皆さん楽しいヘアライフをお過ごしください♪

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。