blogs,  美容

お客様が美容室を変えた理由とは?

こんにちは^^

 

 

 

神戸市垂水区の美容室’ano ‘ano(アノアノ)の安崎です♪

 

 

 

‘ano ‘anoをオープンして2ヶ月が過ぎました。

ご来店いただいているお客様には本当に感謝しかありません。

 

美容室に雇われている時からも感謝という気持ちは勿論のことありましたが

オーナーという立場になってそういった気持ちが一段と強くなるばかりです。

お客様がいないと店も継続できないですし、生活もできません。

選んで来て頂いているという事がどれだけ凄い事なのか?

というのがたった2ヶ月ですが、身に沁みました。

 

 

 

美容業界では、もはや当たり前のように言われていますが

美容室の店舗数は24万件以上。

コンビニは約5万件ほど。

信号機の数は約19万機ほど。

 

美容室多すぎじゃん。

コンビニの5倍・・・・

世界一信号の多い(密度として)国では無いかと言われるほどの日本。

その信号機の数を超えるとはなかなかですw

 

 

 

そう。

 

 

そんな美容室戦国時代の中、お客様に選んで来店し続けて頂けるという事は凄い事なんです!

 

 

 

僕たち美容師が自分自身の失客の原因を直接知る事は難しいですが

新規のお客様が来られた時、それは殆どの場合は他店の失客という事です。

そんなお客様の来店理由は様々。

 

 

お話していくうちにふと教えてくださる来店理由にドキッとすることもあります。

そんなドキッとした話を自身の戒めにもなるようブログに残しておこうと思います。

 

 

 

お客様の新規来店理由

 

 

 

 

 

 

 

担当の美容師さんが辞めた

 

 

はい。これは多いです。

美容師自体を辞めたパターン。

多店舗系の美容室の為、人事異動で遠くの店舗に転勤になったパターン。

などなど。

これは仕方ないような気もします。

ですが、他人数で経営している店舗だとこういった理由で他店舗に向かわれてしまうのもどうなんでしょうか?

色んなスタッフとコミュニケーションが取れていば、そのままその店舗に残ってくださることも多いのでは?

今は一人でのプライベートサロンをやってますが、勤めていた時は多人数で営業する店舗だったのでやはりこの課題は外せませんでした。

どんな風にお客様と関わっているかで、この部分は変わってくるかもしれません。

お客様も知っている美容師さんの方が安心して任せられますからね。

 

 

 

 

 

 

 

引っ越したから新しく美容室を探してた

 

 

これも多いですね。

引っ越した先での美容室探し。

お医者さんを探すのと同じように美容室も通える所を探す方が多いです。

なかなか良い所が見つからないんですよね。。。

そんな方の信頼できる美容師としてありたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

スタイルに飽きた

 

これは少しヒヤッとします。

やはり長いこと同じスタイルだと飽きますよね。

で、、、同じ美容師さんだとあまり変化がないといって美容室を変える方がいらっしゃいます。

「いつもの感じでいいですか?」と、ついつい提案をしなかったり・・・

これは美容師のお客様に対する怠慢であると僕も思います。

出来ているか?という問いにはまだまだ100点を自分に与える事は出来ませんが

お客様一人ひとりに真摯に向き合っています。

 

 

 

 

 

美容師の付き合い方がナアナアになってきた

 

 

これも最近聞いたお話です。

本当に気をつけなければいけないと感じました。

長い間担当させてもらっていると距離感が近くなった気がして、言葉使いや態度などついついお客様である事を忘れがちになってしまうようです。

あくまでもお客様。

これは忘れてはいけないと思います。

その上でお客様にとって居心地の良さや適度な距離感を保って行きたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

他にも色々ありますがよく聞くワードをピックアップしてみました。

自分が担当させて頂いているお客様に悲しい思いをさせてしまったり

思いを汲み取れなかったりがないように常日頃から心がけて行きたいと思います。

 

それでも何か気になる点があったり、こうして欲しかったとかありましたらすぐに言ってくださいね!

できる限り改善してより良い美容室、美容師になれるよう努力して行きます!

直接言いにくかったらLINE@とかでメッセージで伝えてもらえると伝えやすいかも知れません。

 

 

 

本日もありがとうございました^^

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。