blogs,  情報

今年は台風や災害が多いです。いざという時の備えとは?

こんにちは^^

 

 

神戸市垂水区の美容室’ano ‘anoの安崎です♪

 

 

はい。

今年は本当に災害が多いです。

台風も規模が大きいものが連続してやってきています。

大なり小なり被害にあった方も少なくはないかと・・・

平穏な日常がどれほど大切か感じます。

何もない事が一番ですが、何かが起きた時にすぐに行動に移ることができるか?

それは日頃の備えや、いざと言う時の事を考えシミュレーションしているかどうかだと思います。

僕も人様にお伝え出来るほどしっかり出来てはいませんが、自分への戒めも込めて発信していきたいと思います。

 

 

 

災害時の備えはいくつかの項目があります。

 

  • 災害情報を確保しておく
  • 避難経路を知っておく
  • 避難所はどこか把握しておく
  • 食料の備蓄
  • 生活のための器具、備品の備え
  • 衣類や防寒具の用意
  • 飛びやすいものはしまっておく(台風)

 

などなど。

それぞれ細く説明していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

災害に向けての備え

 

 

事前の知識

 

地震は事前の予兆がほとんどない為、難しいですが台風などのある程度予測のつくものの場合

報道などをしっかり見ておき、いつ到達するのか?どの程度の準備をしておくべきか?

など対策をしっかり立てておきましょう。

 

万が一の為マンションなどの総合住宅に住んでいる人は、ちゃんと避難経路を確認しておきましょう。

エレベーターが使えなくなった場合、非常階段の場所など必ずあるはずです。

 

各自治体にある避難場所も把握しておかないと、どこに行って良いものかわからなくなります。

自分たちの住んでいる地域の避難場所がどこか知っておくべきです。

家族ともここに逃げるということを共有しておいた方が、非常時にはぐれにくくなります。

 

 

 

準備しておくべきもの

 

 

食料

 

水は最低一人1リットルは用意しておきましょう。(飲み水として)

そのほかにもバスタブに水を張っておく。(稀にバスタブが割れてしまったという話も聞きますが・・・)

ポリタンクや空のペットボトルに、日頃から水を入れておき生活用水分に使える水を確保しておく。

 

加熱なしで食べれるもの。

缶詰、乾パン、シリアル、グラノーラ、カロリーメイトなど

保存のきく食料をいくつか用意しておいた方が良いですね。

 

 

 

 

 

 

別でチンするご飯やレトルトの温めて食べるものなど用意しておいてもOK。

これはガスコンロなどの加熱することが出来るものが準備出来ていればの話です。

今はアウトドア用品などでもガスボンベをセットして使える小型のバーナーもあります。

ガスコンロをリュックに入れて運ぶのは大変ですがアウトドア用品なら可能です。

 

僕の愛用のバーナーはこれ

市販のガスボンベも使えます。


 

ただしあまり塩分の強いものは避けた方が良いようです。

なぜなら塩分によって水分が余計に欲しくなってしまう為です。

水は非常時はとても貴重ですから大事に使わなければいけません。

カップラーメンは手軽ですが、喉は乾きやすいので気をつけましょう。

 

 

 

 

持ち物

 

 

携帯電話(スマホなど情報がわかるもの)など連絡が取れるもの。

充電器は必須。携帯充電器も用意があると便利です。

他にもラジオなど念の為あると良いですが、今は携帯があれば事足りると思います。

 

衛生用品類

ウェットティッシュ、絆創膏、マスク、ホッカイロ(冬季)、タオル、コンタクトレンズ、

生理用品、オムツなど

ラップや紙コップ、紙皿などあると、水無しで食事を取れるので便利なようです。

着替え(下着類)も何日分か入れておくと良いでしょう。

 

避難時の服装は長袖長ズボン、スニーカーなどの動きやすい靴、帽子など

昼夜問わず大丈夫な格好、避難場所でもある程度過ごすことが出来る服装が好ましいでしょう。

 

財布やクレジットカードや通帳などもちゃんと持ち出しておいた方がいいですね。

失ってしまうと後で大変ですし、落ち着いてきたらお金で物を揃えることも出来ます。

 

 

 

 

家の周りを整える

 

ベランダにものを置いてある人は片付けたり、強風で飛んでいかないようにしておく。

二次被害につながります。

物干し竿も降ろしておく。

植木鉢も可能な物は家の中に入れておきましょう。

自転車なども同じ。

 

雨戸は閉めておく。

補強できるところはしておく。

カーテンも必要がない限り閉めておく方がいいでしょう。

万が一ガラスが割れた時にカーテンがあるだけでも違いますからね。

 

 

 

長々と書きましたが、備えあれば憂いなし。

準備しておくに越したことは無いです。

 

色々していても困る事ばかりだと思いますが、何もしていないともっと困る事ばかり。

自分の身は自分である程度守れるようにしておきたいものです^^

 

偉そうに書きましたが、うちはほとんど嫁氏が用意してくれています。。。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。